福祉住環境コーディネーターって、どんな仕事なの?

実務経験不要の不動産業界でも活かせる福祉系資格!

誰ででも受験可能なため、チャレンジしやすいです。

高齢化社会や誰もが快適に暮らせる環境へのニーズが高まる中で、福祉住環境コーディネーターへのニーズが高まっています。
新しく建築されるマンションや商業施設、公共施設の多くはバリアフリー化されています。
もっとも、一般的に高齢者や障害者に利用しやすい空間と、個々の利用者が利用しやすい空間は必ずしも合致しません。
それは人によって、身体機能や障害の程度が異なり、右利き、左利き、圧力の差のほか、求めるものも異なるためです。

福祉住環境コーディネーターは、こうした個別のニーズに向き合いながら、高齢者や障害者が一人でもしくは家族と一緒に暮らしやすい空間づくりの提案やアドバイスをする役割を担います。
バリアフリーの知識はもとより、福祉・医療、建築など多岐にわたる幅広い知識を身に付けて、建築士や建設作業に携わるスタッフ、介護福祉士などの専門家とも連携しながら、住宅設計やリフォームのサポートを行っていきます。

単独で働く方もいますが、その多くは介護施設やデイサービスセンターで働いている方や、ケアマネージャーの資格を持つ方がダブルライセンスとして資格を取得しています。
また、バリアフリーのリフォームや、二世帯住宅、高齢者住宅の建設にも欠かせない資格となってきており、住宅の営業マンや工務店の建築士など、不動産関連の会社に勤務している人や、就職を考えている人、復職を考えている主婦などにも人気の資格になっています。

福祉住環境コーディネーターは、他の福祉系の資格と異なって、介護や福祉の現場での実務経験が要求されません。
試験は誰でも受験することが可能なため、必要に応じてチャレンジしやすい資格になっています。

新築の注文住宅や、既存住宅のリフォーム工事で、顧客から直接要望を聞いたり、身体機能のチェックをしながら、住環境の提案を行うほか、新築マンションの設計にあたり、高齢者や障害のある方でも住みやすいデザインのアドバイスを手掛けることができます。
たとえば、玄関は引き戸で間口を大きくし、手すりを付けたり、段差を緩和する式台を設置する、廊下は車椅子が通れる幅と手すりの設置を行うという基本的な提案を行うのはもちろん、高齢者や障害者が暮らしやすい照明の明るさ、夜でもトイレに行きやすいような照明スイッチなどの工夫などの提案が行えるようになります。
各所の転倒防止の工夫や、緊急時のコールスイッチの配置など、細かい部分まで行き届いた暮らしやすい環境の提案が行える専門家なのです。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産屋
038
良質な不動産の見分け方
不動産屋
039
信頼できる不動産屋の探し方
不動産屋
040
不動産売却の流れをしっかり知る
不動産屋
041
悪徳不動産屋の見分け方
不動産屋
053
正しい知識と情報で良い不動産会社を調べる方法
不動産屋
054
不動産検索サイトの使いやすさを徹底比較する