不動産の購入や活用を相談できるファイナンシャルプランナー

不動産分野でも活躍できる資格ファイナンシャルプランナー!

土地や建物の購入や活用方法のプランを立てたりアドバイスをします。

ファイナンシャルプランナーは家計のホームドクターと称され、お金と生活設計の専門家です。
また、中小企業の経営や経営者の生活設計をサポートするファイナンシャルプランナーもいます。
ファイナンシャルプランナーは、生活設計、株式や預貯金など投資によるお金の運用、生命保険や損害保険などのリスクプランニング、土地や建物の購入や活用などのプランニング、年金や社会保障制度、税金対策や相続、事業承継まで幅広い分野について学習して試験を受けます。

ファイナンシャルプランナーは、日本FP協会や銀行協会が認定する民間資格のほか、FP技能検定といった国が行う検定試験もありますが、メジャーなのは日本FP協会の認定を受けるものです。
ファイナンシャルプランナーは幅広い知識を総合して、その個人やご家族に合ったアドバイスをしてくれますが、それぞれ保険分野に強いとか、不動産活用に強いとか、住宅ローン、年金に強いなどの得意分野があります。

不動産関連の分野でいえば、個人のマイホーム取得などの相談に乗るケースがあります。
自己資金を貯めるための資産運用についてアドバイスしたり、現在の収入と将来の生活設計に基づいて購入可能な物件のアドバイスや、住宅ローンの組み方についてアドバイスをします。
住宅ローンを組む場合は、気になる物件をどうにか買いたいと、現在の収入で返せる限界の額まで借りがちですし、金融機関や住宅販売会社を通じて借りるとそういう借り方を促される場合もあります。

しかし、ファイナンシャルプランナーは、現在の収入のほか、将来起こる家族のイベント、たとえば、子供の進学にかかるお金や家族旅行の費用、車の買い替え費用、将来的な家のメンテナンスにかかる費用、収入減少のリスクなども踏まえて、無理のない住宅ローンの借り方をアドバイスする立場にあり、基本的には金融機関などとは中立公正を保って、相談者に対応をしてくれます。

また、不動産分野を得意とするファイナンシャルプランナーの中には、土地の有効活用から、賃貸住宅の経営、土地や建物を使った相続税対策などのコンサルティングを手掛ける人もいます。
ファイナンシャルプランナーは、独立開業して事務所を構えたり、そうした個人事務所やコンサルティング会社に就職するほか、銀行や保険会社などの金融機関、不動産会社などに勤務する方や、就職を目指す方に人気の資格です。
金融機関や不動産会社などで、住宅ローンや不動産活用のアドバイスをする際に、その知識やノウハウを役立てることができ、顧客の信頼も得やすくなります。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産屋
038
良質な不動産の見分け方
不動産屋
039
信頼できる不動産屋の探し方
不動産屋
040
不動産売却の流れをしっかり知る
不動産屋
041
悪徳不動産屋の見分け方
不動産屋
053
正しい知識と情報で良い不動産会社を調べる方法
不動産屋
054
不動産検索サイトの使いやすさを徹底比較する