マンション管理員検定はシニアの就職に有利?

マンションの管理員として働く際に役立つ不動産の資格!

働き方にも幅があり、シニア世代にもマンションの管理員は人気です。

分譲マンションをはじめ、高級な賃貸マンションなどでも、常駐または通勤の管理員がいるケースが多いと思います。
主な業務としては、マンションの共用部分の清掃やゴミがきちんと出されているかのチェック、マンション内およびマンション周囲の異常がないかのチェック、駐車場や駐輪場の整備や無断駐車等のチェック、共用部分の電球等の交換や植栽の手入れ、住民に必要な案内の作成や掲示、配布、各種メンテナンスへの立ち会いや、住民と管理会社ないし管理組合との橋渡し役などのほか、事故や事件が発生した場合の初期対応や立ち会いなど、様々な業務をこなしています。

不動産の価値を守り、住民が快適に暮らすうえで、大切な役割を果たします。
勤務形態としては、通勤でそのマンションごとに定められた一定時間を働くケースと、夫婦などでマンションの1階に住み込みで業務を行うケースなどがあります。
通勤の場合は、マンションごとに平日の毎日、隔日や半日勤務、早朝から夕方、夕方から夜間にかけてなど様々な勤務時間があります。

一般的にはマンション管理会社に雇用されて、その指示に応じて配属されるマンションが決まりますが、マンション管理組合を通じて雇用されるケースもあります。
最近の傾向では、会社を定年退職した後のシルバー層や、企業のリストラや早期退職をしたミドル層が働いているケースが多いです。
現在では、定年退職しても元気な高齢者が多く、また、年金が始まるまでの間や、年金を補完する収入を得るために働く先を求めている人が多くいます。
マンション管理員の仕事は、フルタイムのものだけではなく、1日4時間から6時間程度のものから、週に何回かといった働き方もできるので、現役時代ほど稼がなくてもいいという方にも人気です。
団塊世代の退職を迎え、シニア層が増えるにつれ、人気の仕事として求人倍率も高まっているようです。

掃除や備品の交換など、ある程度、細かい作業が好きで、急なトラブルやアクシデントにも対応が可能な方なら、不動産関連とは異なる業界からの就職も可能な仕事なので、始めやすい仕事といえます。
マンション管理員として採用されると、その管理会社ごとに一定の研修を行い、現場に出されます。
もっとも、研修内容がしっかりしているところもあれば、教育制度があまり整っておらず、先輩の指導で実践しながら覚えていくこともあります。

そのため、もっと業務について学びたい、正確な知識やノウハウが欲しいという方に、おススメの資格としてマンション管理員検定があります。
これはマンション管理員業務のクオリティ向上を図るために誕生した民間資格ですが、倍率が高くなっているマンション管理会社の就職をゲットするうえでは、既に素養をもった人材は有利に働く資格といえます。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産屋
038
良質な不動産の見分け方
不動産屋
039
信頼できる不動産屋の探し方
不動産屋
040
不動産売却の流れをしっかり知る
不動産屋
041
悪徳不動産屋の見分け方
不動産屋
053
正しい知識と情報で良い不動産会社を調べる方法
不動産屋
054
不動産検索サイトの使いやすさを徹底比較する