宅地建物取引主任者は不動産会社には必須?

これさえあれば!不動産関連の就職に就ける可能性大!

宅地建物取引主任者ってどんなものなの?

不動産関連の会社で必ずといっていいほど求められる資格が宅地建物取引主任者です。
俗に、宅建と略称で呼ばれています。
業務をするうえで全ての人が持っていなくても構いませんが、不動産販売の営業所や賃貸会社では、規模に応じて一定数を置く必要があり、有資格者しかできない業務もあります。
そのため、持っている方が業務の幅も広がり、責任ある地位に就くことができます。

もっとも、不動産会社によっては、社員全員に必須としているところもあります。
新卒で入社する場合、就職前に取得しておかなければならないわけではなく、大手などでは業務と並行して、研修を行って団体で試験を受験させたりしています。
費用は会社が負担してくれるケースと、合格した場合には負担してくれるケース、一部社員負担や全額負担など、会社の規模や方針によります。

もっとも、法律知識や細かいルールが問われるので、片手間に勉強して受かる試験ではありません。
そのため、法律などの硬い科目が苦手な方や、業務が忙しくて勉強時間が取れなかったりすると、なかなか合格できない場合があります。
同期の同僚たちが合格しているのに受からないということになると、それだけでも同期入社のメンバーと差を付けられてしまいますし、会社からの評価も下がりがちです。

学生でも受けられるので、大学時代の時間に余裕のある時期に勉強をして、宅建を取得しておくと、不動産関連の会社の就職には有利に働くでしょう。
内定を出すのに必須としている会社は少ないと思いますが、宅建を持っているということは、自らが働きたい分野に深い関心と意欲があることを示すことができます。

一方、転職を考える場合には、持っていた方が断然有利となります。
中途採用の場合は、一から仕事を教え込み、コストをかけて育成するよりも、即戦力となる人が求められるケースが多いです。
業務経験があるだけでなく、資格が必要な仕事も任せられる人材のほうが、会社としてはニーズがあります。

宅地建物取引主任者の資格は土地や建物の売買や賃貸業務に携わる人だけでなく、設計事務所に勤める建築士、マンション管理会社のスタッフ、行政書士や司法書士として独立開業している人やその事務所に勤める人など、幅広い人が取得しています。
直接業務に使わない方でも、専門的な知識や法律をトータルに学べ、不動産に関わるうえで、知っておきたい知識が多いからです。
学習法としてはテキストを購入して独学で試験に臨むほか、通信講座の受講や専門学校に通う方法もあります。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産屋
038
良質な不動産の見分け方
不動産屋
039
信頼できる不動産屋の探し方
不動産屋
040
不動産売却の流れをしっかり知る
不動産屋
041
悪徳不動産屋の見分け方
不動産屋
053
正しい知識と情報で良い不動産会社を調べる方法
不動産屋
054
不動産検索サイトの使いやすさを徹底比較する