仲介手数料

悪徳不動産屋と仲介手数料でもめないために!

仲介手数料は契約成立時の成功報酬なんです。

不動産売買を巡るトラブルとして多いのが、媒介契約における仲介手数料の問題です。
土地や中古の住宅を売却したい時や、購入したい時は、自ら買主や売主を探すのではなく不動産屋に仲介を依頼するのが通常です。
この契約手続きを媒介契約と言います。
売却したい場合には不動産屋は広告を出したり、チラシを印刷したり、インターネットサイトに登録するなどして買主を探し、買主の現地見学に同行したりします。

一方、購入希望者に依頼された場合は、情報収集などをしながら希望の物件を探しだし、見学に同行したり、売主と交渉をしたりします。
いずれにしても、広告宣伝費や交通費、人件費がかかるわけですが、媒介契約においては、これらの費用を請求することはできません。
依頼主が希望する物件の売買契約が成立してはじめて仲介手数料を受け取ることができます。
この点、媒介契約は1社に限らず複数と締結することもできますが、いずれか1社が売買契約を締結させた場合には、他の不動産屋は一切手数料は受け取ることができません。
媒介契約の仲介手数料はあくまでも売買契約成立という、依頼主の目的が達成されたことに対する成功報酬ということになります。
目的が達成されない限りは、なんの報酬も受け取れないのです。

にも関わらず、仲介手数料を要求してくる悪徳不動産屋がいるので要注意です。
売却を依頼したがいつまで経っても売れないから媒介契約を途中で打ち切ったという業者や、希望の物件を探す依頼をしたところ、他の業者のほうが早く物件を見つけてくれたので別の業者に媒介契約の打ち切りを申し出たところ、交通費や広告宣伝費、情報料といった名目で実費を請求されたというものです。
こうした悪徳不動産屋に遭遇した場合、その請求には一切応じる必要がありません。

ただし、新幹線や飛行機を使って行くような遠方に、買主や売主の要求に基づいて特別に行ったような場合は実費請求が認められています。
もっとも、その際は、「今回の交通費だけは実費請求になりますが宜しいですか?」と事前に確認を取るのが誠実な業者のやり方です。

もう1つの悪徳不動産屋のケースとしては、売却の依頼をしたものの、やはり取りやめることにして媒介契約を終了させようとしたころ、勝手に自動更新されたという事例です。
一般的な不動産屋では国土交通大臣が提示した標準媒介契約約款を使っているはずです。
この約款においては自動更新は認められておらず、最長でも1回の媒介契約は3ヶ月が限度となり、その後も依頼する時は、改めて媒介契約を締結し直す必要があります。
勝手に自動更新するというのは不誠実な悪徳不動産屋ですから関わらないようにし、宅建業者を管轄している都道府県の窓口などに相談するようにしてください。

次の記事悪質な手口
カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産屋
038
良質な不動産の見分け方
不動産屋
039
信頼できる不動産屋の探し方
不動産屋
040
不動産売却の流れをしっかり知る
不動産屋
043
不動産関連の就職に役立つ資格
不動産屋
053
正しい知識と情報で良い不動産会社を調べる方法
不動産屋
054
不動産検索サイトの使いやすさを徹底比較する