家賃滞納問題に適切に対処する

不動産投資での家賃滞納問題を解決するやり方とは?

確実に家賃を回収したい場合は、家賃滞納の補償サービスを提供している管理会社に管理を委託するとよいでしょう。

成功をおさめる不動産投資のやり方をするには、入居者の家賃滞納問題に適切に対処する必要があります。
賃貸物件には様々な性格の人たちが入ります。
時には払うべきお金もなかなか払おうとしない、金払いの悪い悪質な人も多くいます。

また、収益物件のオーナーが直接入居者に家賃を請求しに行くと、逆に「こいつはカネを持っている」と目をつけられ、不良入居者に命をねらわれることすらあります。
実際に、不良入居者に襲われて命を奪われた収益物件のオーナーのニュースがテレビなどで報じられることもあります。
殺されるとまではいかなくとも、オーナーが高齢者であった場合、不良入居者になめてかかられ、脅されるというケースも時々見られます。

歯に衣着せぬ物言いができる勝ち気なオーナーの中には、何年も常習的な滞納を続けている入居者から自分で家賃を回収したという人も多くいます。
こういったオーナーは家賃を滞納している入居者に罵詈雑言を浴びせたり、訴訟を起こしたり、入居者の家族の職場にまで乗り込むといった、法律違反すれすれのことも平気で行うこともしばしばです。
しかし、このような激しい取り立てで家賃の滞納に対処しますと、入居者のひんしゅくを買うばかりか、オーナーの精神的負担もとても大きくなります。

家賃を常習的に滞納するたちの悪い入居者に適切に対処するには、収益物件の管理をオーナー本人ではなく、管理会社に一任する不動産投資のやり方をする必要があります。
管理会社に自分の所有している物件の家賃の回収をしてもらうことで、入居者との家賃絡みのトラブルも回避することが可能となります。

不動産会社とうまく交渉していく自信がない、リフォーム会社と良好な関係を築いていくのが難しい、家賃の滞納問題に自分で対処する自信がないという場合は、収益物件の管理を専門家の管理会社に全て任せてしまうとよいでしょう。

また、上から目線の経営しかできないという人も、入居者とのトラブルの対処を管理会社に任せるのが得策です。
入居者に嫌われてしまうようなオーナーでは、成功する不動産投資のやり方をすることができないからです。

管理会社は家賃回収のプロですので、家賃の数パーセント程度を手数料として支払えば、家賃の回収をスムースに行ってもらうことができます。
家賃滞納の損失を補償してくれない管理会社であっても、滞納者に書面や電話で催促をしてくれることが多いです。

より確実に家賃を回収したいというときは、家賃滞納の補償をしてくれるサービスを提供している管理会社に収益物件の管理を委託するとよいでしょう。
こうした管理会社は、家賃の滞納があったとしても、立て替えるという形でオーナーに家賃を支払ってくれます。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識