物件の維持管理を怠ると失敗の元

不動産投資は維持管理を行うのが上手なやり方!

損害保険に加入していない場合、物件の中で何か事故が起きた際には全て自費で損害を賠償しなければなりません。

不動産投資を成功に導くためのやり方は、絶対に物件の維持管理を怠らないようにするということです。
収益物件を建てっ放しで数十年も維持管理をしない状態で放置しておきますと、思わぬ事態を招くことになります。
実際に、アパートを建てっ放しで全く維持管理もせず放置した結果、悲惨な事故が起きてしまった例もあります。

維持管理をせずにいた結果、アパートの鉄の階段がさびついて崩れ落ちてしまい、そのせいで荷物の配達をしていた人がそこから落下して半身不随になってしまったという事故も起きています。

このような事故が起きますと、障害を負った人の治療費や入院費などはすべて物件のオーナーが持たなければならなくなり、オーナーは物件の維持管理費よりもはるかに大きな損害を被ることになってしまいます。
さらにオーナーが損害保険に加入していない場合、物件の中で何か事故が起きた際には全て自費でその損害を賠償しなければなりません。

実際に、物件の建物の維持管理を怠っていた2階建てのアパート上階の部屋が崩壊し、そのせいで入居者が別の物件に仮住まいをしなければならなくなるという事故も発生しています。
こういうときに損害保険にも加入していないと、入居者の仮住まいの費用もすべてオーナーが自費で負担しなければならなくなります。

このように、購入した収益物件の維持管理を怠ったり、保険料が惜しいばかりに損害保険に加入しなかったりしますと、取り返しのつかない大きな損害を抱えてしまうことにもなりかねません。
このような不動産投資のやり方は、決して良いものであるとは言えないのです。

アパートやマンションの経営は、オーナーが自分の持つ収益物件に対し、子供をかわいがるようにたっぷりと愛情を注ぎ、保守管理を行うとうまくいきます。
自分の持つ物件にかけるリフォームなどの修繕費用を惜しまず支出し、それらを大事にしていますと、古い物件でも長持ちするようになるのはもちろん、収益が得られる期間も長くなります。
きちんとリフォームをしますと建物の寿命が倍になり、普通の収益物件よりもさらに長期間家賃収入が得られることもあります。

このような不動産投資のやり方をしていますと、入居者の人たちが長く快適に暮らせるようになりますので、誰もオーナーの維持管理に対してクレームを入れなくなります。

さらに、リフォームをすると建物全体が奇麗になって見た目がよくなるため、物件の魅力も上がりますので、退去者が出たとしても、また次の入居者を獲得することができるようになります。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識