利益よりも現金の流れを優先

不動産投資は現金の流れを優先させるやり方がベスト

融資先の銀行にとっては、表面利回りも実質利回りも収益物件の大まかな収益の目安を示すものでしかありません。

成功するための不動産投資のやり方をするには、得られる利益の額よりも現金の流れを重視することがとても重要となります。
なぜ、不動産への投資においては、利益よりもお金の流れが大切なのかといいますと、不動産への投資の場合は、普通の投資と違ってお金の流れが違っているからです。

この投資でのお金の流れは、家賃で得た収入から物件のローンの返済額を引いたり、家賃収入から毎月のローンの返済額や物件にかかる経費を差し引いたりして算定するものではありません。
不動産投資でのお金の流れは、税金を引いた後の利益からローンの返済の元金と減価償却費を差し引くことで算出されます。
このような不動産投資でのお金の流れをきちんと頭に入れておかないと、決して成功するやり方はできません。

収益物件のローンの融資をしてくれる銀行も上記のようなお金の流れを頭に置きながら、その価値を見極めています。
彼らにとって表面利回りも実質利回りも収益物件の大まかな収益の目安を示すものでしかありません。

不動産へ投資をするときに、毎月のお金の流れが利益よりも重要な理由は、お金の流れを忘れてしまいますと、不動産投資の本来の目的が果たせなくなってしまうからです。
不動産への投資による毎月の誤中お金の流れがプラスではなくマイナスになってしまいますと、不動産への投資に本業で稼いだお金を持ち出して補填をする羽目になってしまい、毎月安定した収入を得るどころか逆に借金を増やしてしまうことになるからです。
不動産投資が本来の目的を果たせないということにならないように、そのやり方には最大の注意を払う必要があります。
不動産への投資によってプラスのお金の流れを作るためには、お金の流れに影響を与える様々な要素を確認する必要があります。

これらには、ローンの返済期間やその方法、ローンを組む時の頭金と借入金の割合、そして、将来のローンの利息が上がるリスクや家賃が下がることによる毎月の収入の減少といったリスクが挙げられます。
収益物件の購入を検討する際には、お金の流れに影響を与えるこれらの要素をしっかりと予測してから選ぶようにするとよいでしょう。

また収益物件を購入するときには大抵ローンを組むことになりますが、このときに借入期間を短くするか、長くするかということもでも、毎月のお金の流れに影響を与えます。
借入期間を長くすればするほど、毎月のローンの返済額を減らすことができますので、その分毎月のお金の流れをよくすることができるようになります。

借入期間を長くしますと、銀行が物件の抵当権を得ている期間もその分長くなってしまい、返済の総額も短期のローンに比べてどうしても多くなってしまいますが、お金の流れを重視した安定した不動産への投資をしたいときは、長期の借り入れを選択するのが一般的な方法です。
長期の借り入れをしていても、収入に余裕が出てきた時には繰り上げ返済が可能となる場合があるからです。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識