成功させる鍵は物件探しにある

良い物件を見つけるにはチェックすべき項目がある

図面・売買価格・家賃収入・利回りなど

収益を上げられる不動産投資のやり方をする鍵は、物件探しにあるといって良いでしょう。

利回りのよい優良な収益の物件を探すには、不動産会社から送られてくる収益用物件の図面の資料を細かくチェックするようにします。
資料でまずチェックしなければならないのはその物件の所在地です。
物件の図面には一般的な住所が示されていないこともしばしばあるため、よくわからない場合は、見学に行く時に迷うことがないように必ず確認するようにしましょう。

次に確認すべき項目は、その収益物件の売買価格です。
この価格は、土地と建物をセットにしたものが表示されているのが一般的です。
売買価格を見るときに注意すべきことは、この価格はあくまでも物件の売り主の希望価格であるということです。
売り主が物件を売り急いでいる場合は、表示価格よりも安価な価格で購入ができることもあります。
ここで気になる物件があった場合は、遠慮なく不動産会社に問い合わせをするようにしましょう。

成功する不動産投資のやり方をするためにチェックすべき収益物件の項目は、家賃の収入及び、表面利回りと実質利回りです。
これらの項目をきちんと確認することが不動産への投資の正否を握っているといえますので、チェックを怠らないように心がけましょう。

不動産会社の収益物件の資料には必ず満室時の家賃の収入が記載されていますので、購入しようと検討している収益物件の現在の空室状況を確認したり、周辺地域における家賃の相場の比較をしたりしてみましょう。

表面利回りと実質利回りのチェックをすることも大切です。
特に、家賃の収入から諸経費を差し引いた実質利回りは、優良な収益物件かどうか判断するための有力な判断基準の一つになるでしょう。

しかし、最終的には、その収益物件を経営することで毎月のお金の流れがプラスになるのか、それともマイナスになるのか、ということから投資物件を選ぶのがもっとも望ましいです。

上手な不動産投資のやり方をする上でもう一つ確認しておくべき大事なポイントは、収益物件の土地の権利が誰にあるのかということです。
最低でも、土地の権利が所有権であるか、あるいは借地権なのかということは確認しておきましょう。

もし借地権となっている場合は、建物の所有者と土地の所有者が違っており、土地の所有者から借りた土地の上に建物の所有者が建物を建てている物件であるということです。
借地権の収益物件は、地主等の法律上の関係がややこしくなってしまいますので、不動産の投資に初めて挑戦する人は極力避けたほうがよいでしょう。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識