不動産投資のプロセス

初心者必見!不動産投資のプロセスとは

分析には、様々なジャンルの知識が必要となります。プロ並みとは行かずとも、必要最低限の法律面の知識も知っておくのが賢明です。

不動産投資とは言っても、様々なプロセスがあります。
例えば株式投資においても、まずは銘柄を選んで、それから購入をします。
そして、それなりの金額になったら、または損切りのために売却をします。
これらの一連のプロセスすべてが、株式投資なのです。

では、不動産投資の一連のプロセスというのは、どんなものがあるのでしょうか。
まずは、物件探しをします。
住宅を探す時は、一般的には不動産屋さんへ行って多数存在している物件の中から選びます。
最近では、インターネットで全国の物件を見ることができます。
しかし、インターネット全てを決めてしまってはいけません。
インターネットで相場を知ったりして「慣らして」から、業者さんのところに行くのが賢い使い方です。

不動産屋さん以外には、裁判所に行って競売物件を探す、という方法もあります。
しかし、あまり良い方法とはいえません。
競売物件の場合には、普通より安く買えることがメリット。
しかし、一般の不動産よりは知識が沢山あり、また分析力が必要になるので、初心者向けではありません。

次は分析になるのですが、このプロセスが一番大切な事で重要といえます。
ここのプロセスにおいて、この後、プロセスの最終着地点までのことを考えるのですから。
目ぼしい物件があれば、その物件の分析をします。
具体的には、どんな分析をするかというと、どのくらい投資してどれくらい収益を上げられそうかです。
この分析には、様々なジャンルの知識が必要となります。
分析をして投資先が決まると、ここではじめて、契約を結び不動産を購入します。
契約の流れは、それほど難しいものではありません。
難しいものではないけれど、知識を持っているにこしたことはありません。
契約には民法や宅建業法などの法律が絡んでくるからです。

不動産投資には、プロ並みとは行きませんが、必要最低限の法律面の知識も知っておくのが賢明です。
不動産投資の場合には、ここからが本番です。
その不動産の経営に関する事柄の全てが、自分にあるのです。
ただ取得した不動産そのままにしておいてはいけません。
より多くの利益を得るために努めなければならないのです。

だからといって、全て自分でやるのではなく、実際の運営はなるべく業者に委任するようにしましょう。
「不労所得」という、不動産の投資のメリットがなくなってしまいます。

そして、出口を考えて、終了するというのが一般的です。
出口というのは、誰かに売却するというのもありますし、更地にするというのもあります。
賃貸ではなく分譲にするというのも、出口のひとつです。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識