不動産投資にはどのような特徴があるか

あなたが初心者なら不動産投資の特徴を覚えましょう

「流動性が乏しい」とは、一連の流れを1日で終わらせることができないなど、売買を自由に行うことができない状態のことを言います。

世の中には、実にたくさんの投資の方法があります。
それぞれの投資方法には、それぞれの特徴があり、自分の好みに合わせて投資方法を選択することができます。
特徴を知ることで、初心者による投資も、よりうまくいく可能性があります。
では、不動産投資を投資の対象としてみた場合に、どのような特徴があるのでしょうか。

まず、この投資で一番気をつけたいのは流動性に非常に乏しいのが特徴となっております。
では、「流動性が乏しい」とは、一体どういうことなのでしょうか。
「流動性が乏しい」ことから分かるように、売買を自由に行うことができない状態ということです。

例えば流動性に富んでいる投資の方法としては、デイトレードがあります。
デイトレードというのは、主に株式や先物取引に見られる取引方法です。
デイトレードというのは、「買う」「売る」「利益を確定させる」という一連の流れを、1日で終わらせるというものです。
不動産の投資の世界では、こんな取引はまずできません。
その理由はなんとなくお分かりでしょう。

不動産の投資というものが、他の投資より何かと手続きが面倒くさいからです。
デイトレードでしたら、パソコンの前に座ってデータを見て、ワンクリックで売買成立。
しかし不動産の場合、そんなことはできません。
いろいろな書類での手続きを必ずしないといけません。
時間もかかります。
流動性が乏しいのには、もう1つ理由があります。
それは、動かすお金の量が多いということです。
不動産の投資というのは、1回の投資にかかるお金が多いです。
ということは、デイトレードや株式投資のように、複数を所有するということがしにくいですよね。

もう1つの特徴として、不動産投資は、投資対象としては非常にオリジナル性溢れるものです。
逆に株式やデイトレードなどは、オリジナル性としては乏しいといえます。

例えば、同じ会社の株を、2人の人物が所有していたとしましょう。
2人がその株式を買った時期も違いますし、買った株数も違います。
しかし、2人が持っている1株は全く同じ価値を持っていますよね。
ところが不動産の場合は、そうではありません。
その投資対象は世界に1つしかないからです。

たとえ同じような地区、同じような条件であったとしても、それは同じ「ような」物件に過ぎません。
実際に完全に同一な物件ではありませんし、そんな物件などありえません。
全く同じ価値があるとはいえないのです。
流動性に乏しいが、オリジナル性にあふれているのが、不動産投資なのです。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識