不動産投資とは何なのか

不動産投資って何?初心者にもカンタン解説

家賃などで稼ぐのがインカムゲイン、買った時と売った時の差額で利益を出すのがキャピタルゲインです。

最近、注目となっているのが、投資です。
首相が交代したとたん、景気が急に上向いてきました。
これまではとかく内向きだったお金の消費というものが、徐々に外側へ向かいつつあります。
外に向いたお金がどこに行くかというと、投資です。

投資といっても、様々な投資方法がありますよね。
株式や金、プラチナへの投資というのもあります。
その中でも初心者に注目を集めているのが、不動産投資というものですが、この投資とは何を行うものなのでしょうか。

不動産投資の主な方法というのは、不動産を購入し、その不動産を賃貸したり、また購入価格よりも高く売ることにより利益を上げるといった投資方法のことです。
とはいっても、不動産投資と一口に言ったとしても、その利益のあげ方は1つではありません。
利益の上げ方は、大きく分けて2つあるのですから。

1つ目は、賃貸によって利益を上げようとするものです。
分かりにくいようでしたら、例を挙げて説明をしましょう。
もっとも分かりやすく言えば、マンションやアパート、ビルなどを貸し出して賃料収入を得るというやり方、これが初心者向けといえます。
こうして得た利益のことを、専門用語で「インカムゲイン」といいます。
株式投資をやったことのある方でしたら、配当に相当するものです。

2つ目は、売却によって利益を上げようとする方法です。
こちらの場合には、買った時の価格と売った時の価格の差で利益を出そうとします。
当然ですが、売った後はそのマンションなりアパートは、手元には残りません。
この売買で得た利益のことは、「キャピタルゲイン」というのです。

では、現状として、インカムゲインで稼ぐか、キャピタルで稼ぐか、どちらのほうがいいのでしょうか。
キャピタルゲインはあまり期待しない方が良いといった現状です。
キャピタルゲインの場合には、きわめて投機的な取引といわざるを得ません。
しかし、外国人が日本の不動産を狙う場合には、キャピタルゲインで攻めてくる場合も多いです。
キャピタルゲインをするのではなくて、通常の不動産投資であれば、インカムゲインで収入を得る事に焦点を絞って進めていきましょう。

しかし、不動産の投資において、最終的に利益を確定するときには必ずこの2つの方法のどちらか。
インカムゲインとキャピタルゲインのどちらかであり、改めて言いますが、家賃などで稼ぐのがインカムゲインです。
一方、買った時と売った時の差額で利益を出すのがキャピタルゲイン、そう覚えておけば間違いないでしょう。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識