土地活用で不動産投資

すでに土地を持っているんだけど、何かいい不動産投資はある?

土地の立地や広さなどの条件で活用方法は違ってきます。

土地を既にお持ちで今は利用していないという場合に始めたいのが不動産投資です。
土地は資産として価値があります。
しかし、ただ保有しているだけでは何の利益も生み出してはくれません。
それどころか、毎年、固定資産税や都市計画税の支払いが発生し、保有コストがかかります。
ただ所有しているだけでは赤字なわけですね。

土地から利益を生み出すには売却するか、人に貸すなどして利用することが必要になります。
売却するには時機を見る必要がありますが、必ずしも高い値段で売れるとは限りませんし、一度手離した土地は戻って来ません。
せっかく土地をお持ちなら、不動産投資により有効活用するのがいいでしょう。
お持ちの土地の立地や周辺環境、広さなどにより、どのような土地活用がいいかは異なってきます。

例としては賃貸マンションやアパートを建てる、商業施設を建てる、クリニックや老人ホームを建てる、オフィスビルを建てる、駐車場にするといったことが考えられます。
学生街や住宅街で賃貸利用が多い場所であれば、マンションやアパートの建築が考えられます。
規模や構造にもよりますが、建設費用は5千万円から2億円程度というところでしょうか。
また、商業施設、クリニック、老人ホーム、オフィスビルとなってくると、さらに規模も高さも必要になってくるので1億円から10億円程度の費用が必要になります。

もっとも、銀行からの融資を受けることは可能です。
土地を担保に入れ、賃貸事業の経営計画・収益計画を提出して審査を受けることで6割から8割程度は借りられます。
初期費用としては借入ができない分の費用と、事務手数料や登記費用として建設費用の1割程度を見ておく必要があります。

また、大規模なマンションや施設を建設するならデベロッパーと等価交換方式で建設することも可能です。
等価交換方式の場合、大きな費用負担なく少額の初期費用でも建設が可能になります。
たとえば、お手持ちの土地が5千万円として、デベロッパーがその土地上に1億円の建物を建設したとすると、出資割合に応じ、土地を提供した方は3分の1の割合で土地と建物の所有権を保有し、そこから生じる家賃収入を得ることができます。

最も初期費用が少なくて済むのは駐車場です。
特に最近は月極駐車場よりも気軽で始めやすく、いざ、他の土地利用をしたい場合に方向転換しやすいコインパーキングがトレンドです。
5台分で300万円程度、30台分なら600万円程度の初期費用で不動産投資が始められます。
土地が広く置ける車の台数が多いほど1台当たりの費用は割安になります。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識