福岡で買ってみる

人口増加が見込まれ、若者も多い福岡に投資物件を購入!

現地への見学が難しい時には、信頼できる不動産会社を見つけましょう。

投資物件を複数所有する方におススメしたい地域分散で、東京・名古屋・大阪と見てきましたが、もう1つ気になるエリアは福岡です。
地方都市ではありますが、人口増加がとどまることを知らず、かつ、若い世代が非常に多いのが特徴です。
若い世代の層が厚いというのは、賃貸ニーズが望める地域ということでもありますね。

投資物件を選ぶ際には、エリアの発展性や賃貸ニーズの安定性と、不動産会社への信頼に基づき、現地を見ずに購入を決める方もけっこういます。
福岡という立地についても、近隣の方はともかく、旅行の予定でもあれば別として、なかなか物件を見るために足を運ぶというのは、手間やコストがかかりすぎると思う方もいるでしょう。
現地を見ずに投資物件を購入する場合のチェックポイントは、その物件への賃貸ニーズと、エリアの将来性、そして何より、販売・管理する不動産会社の信頼と実績です。

借り上げ保証をする投資物件を購入すれば、空室リスクは負わなくて済み、毎月一定額の家賃収入が保証されるわけですから、現地を見なくても問題ないといえば、問題ないのです。
もっとも、それは借り上げ保証をする不動産会社の信頼にかかっていますね。
途中で倒産するような会社であっては困るわけです。
販売実績や運営管理の実績があり、経営基盤や財政状態も優れた会社かどうかを、チェックしましょう。

福岡に投資物件を所有する際のチェックポイントは、賃貸市場として非常に有望である理由を抑えることです。
福岡市は人口142万人の大きな都市で、九州の経済の中心地として発展を続けています。
日本でもっとも元気な都市と呼ばれることもあるほどで、東京・名古屋・大阪の人口が将来的には減少が予想される中、福岡は今後もますますの人口増加が見込まれています。

また、福岡は全国的に見ても高齢化率が低く、65歳以上が占める割合は14.3%です。
24歳以下の若者が30.7%、勤労世代の25歳~39歳が22.7%、家族を持つ層である40歳から64歳が32.8%となっており、活気が多いエリアであることが分かります。

大学や短大も多く、九州をはじめ他府県からの若者の流入が多く、学生による賃貸ニーズの高さも魅力です。
多くの地方都市が少子高齢化が進む中、若者の層が厚いことが注目され、企業の期待も高く、福岡に拠点を移す企業も増えているほどです。
また、経済の拠店として企業の単身赴任者や1人暮らしのビジネスマン、OLも非常に多いのが特徴です。
単身世帯率は東京23区に次ぐ全国第2位に入っています。
晩婚化や非婚率の上昇、離婚の増加に伴い単身世帯率が上昇しており、今後20年間はこの傾向が続くという予想もあります。
ワンルームマンション投資には適した地域といえそうです。
投資物件の価格帯はワンルームで1800万円前後からです。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識