都心の一等地に買ってみる

一等地に投資物件を購入すれば、将来価値があがる可能性もある?!

賃貸のニーズがあるかと資産価値の維持・向上がポイントです。

近年、商業エリアやオフィスエリアとして昼間の人口は多くとも、夜間人口の少なかった都心の一等地界隈に分譲マンションや賃貸マンションが次々と建設され、人口も増えてきています。
それが人が暮らすというイメージの少なかった千代田区や中央区です。
大手町や丸の内界隈、麹町、銀座などに続々とマンションができ、居住者も増えています。

確かに、学生街などに比べれば家賃は高くなります。
しかし、驚くような値段にはなりません。
1Kで12万円から15万円程度が主流で、もう少し安い物件もあります。
職場との近接を望む若いサラリーマンや、ステイタスの高さを求めるOLさんなどに人気が高まっています。

今回、投資物件選定のおススメエリアとして選ぶのは、その中でも、住む人が居るの?と思われがちな、銀座です。
銀座というと高級ブランドショップや、一流の老舗店、高級レストランや高級クラブがあることで有名です。

また近年では、ファストファッションの店が登場するなど、紳士淑女だけでなく、若い人や家族連れでも賑わう街へと変貌を遂げています。
こんな銀座にも1本路地を入った静かな通りや、昭和通を越えた東銀座界隈には、多くのマンションが建っています。

分譲マンションの多くは自ら居住している人よりも、投資物件として購入する人の割合が多いほどです。
これは、高い賃貸収入だけでなく、資産価値が下がらないどころか、将来的に上昇する可能性もあるというメリットがあるためです。
一般的なマンションは築年数が長くなれば、老朽化して資産価値が下がります。

しかし、銀座の場合は、土地の価値が高く、物件としても希少性が高いため、老朽化しても資産価値が下がらない、もしくは地価上昇の影響で、現在価値が購入時の価格を上回ることさえあるのです。
そのため、こうした資産価値を見越して、全国から投資物件を求めるオーナーが集まります。

ある物件ではオーナーのほとんどが四国や中国地方の居住者で、一度も物件を見に訪れたこともない人もいるくらいです。
自分で住む物件であれば周辺環境を含め見学は必須ですが、銀座にある借り上げ保証がついた物件なら、実際に見なくとも投資価値ありと判断するオーナーが多いのです。

銀座の賃貸の需要は、近隣のオフィスに通うビジネスマンやOLのほか、高級クラブのホステスさんや高級鮨屋の職人などもいます。
そして、法人需要も根強いのが安定収入をもたらす一端となります。
社宅や単身赴任用の住宅、海外からの一時赴任者の住宅として、企業が借りるケースが多いのです。
法人契約の場合、家賃の滞納の心配もなく、継続的な入居が期待できます。

一等地の投資物件探しのチェックポイントは、賃貸ニーズの有無と資産価値の維持または向上です。
銀座の投資物件は、1Kで3000万円前後から購入できます。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識