万が一のときにもちゃんと売れる

賃貸アパートやマンション1棟を売却するのは大変です。

戸建てなら一般の人が居住用に購入することができるので、売却機会が増えますね。

アパートやマンションの賃貸経営では、将来のリスクに備え最悪の場合も想定しておくことはとても重要です。
アパートやマンションを建設する場合、7階建てくらいのものですと、1億円以上は建設費用でかかります。

そんな高額のお金を、現金で持っている人はそういませんよね。
そうなると、ローンなどを銀行で組んで、お金を借金するということになります。
金額が多額ですので、当然ながら返済期間もかなりの長期になります。
30年以上かかるというのもざらです。

もちろん、その間には様々なアクシデントやイベントがあります。
プライベートなどでは相続税を支払う必要があったり、事業が失敗したなどがあるでしょう。

アパートやマンションの賃貸経営においては、空室率の増加というのがありますし、マンションの老朽化に伴う修理というのも、当然ながら考えないといけません。
賃貸経営のために借金をしているのに、その支出が増え、収入が減ってしまうようなことになると、借金が返済できなくなってしまいます。

もし、借金の返済が困難になってしまった場合、その物件を売却するということになりますが、その際にも、アパートやマンションよりも、戸建賃貸のほうがメリットが多いです。
アパートやマンションの場合は売却するとしても、それを購入できるくらいの
資金を持っている人、あるいは資金を調達できる人となります。

そうなると一般的に賃貸マンション・アパートの買い主になるのは不動産投資を行っている不動産会社や、個人の投資家となります。

つまり、それらの人達がその不動産を購入するかどうかは、
不動産会社が転売して利益を得るまたは賃貸経営して利益の見込みがある、あるいは個人の投資家が引き続き賃貸物件のオーナーとして経営して投資資金を回収・収益・メリットを獲得できるかどうかによります。
また、購入者が高額になる事が予想される資金調達をできるかどうかによります。
こればかりは、実際にその時の景況感や、銀行の貸出方針によるので予想するのは難しいです。

それに比べ、戸建賃貸の売却の場合は上記のような不動産会社や投資家ではなく、
一般の人用の中古物件(居住目的として)として売却することができます。

年収が下がり続けている時代ですので、新築を建てたり、買ったりするより、中古物件をお手軽に購入し、リフォームされる方が多くいます。

また、銀行も個人の住宅ローンであればそこまでリスクはありませんので
要件さえ満たせば比較的簡単にローンが通るでしょう。
これで、購入者の資金調達は完了です。

よって、万が一の事を考えた時に、戸建賃貸のほうがリスクが少なく、メリットが多くなるのではないでしょうか。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識