変形地や狭小地に強い

価格の安い変形地や狭小地をお得に手に入れて賃貸経営!

戸建賃貸なら、効率的にスペースを使うことも可能です。

賃貸経営を考えている方は、まずは土地を取得していないといけません。
すでに土地をお持ちの方の場合には、その土地を元に賃貸を検討する必要があります。
土地を持っていない人の場合は、土地を購入するところから始めないといけません。
土地を購入するとき、同じ場所で同じ広さだとしても、土地の価格が異なる場合があります。

それは、土地の形です。
土地の形の中で、もっともベストだといわれているのが、ちゃんとした四角形です。
台形だったり、それ以上の変形した土地の場合には、かなり価格が安くなります。

それはなぜかというと、デッドスペース、つまり無駄が多くなってしまうからです。
新たに土地を購入する人であれば、そういった変形地を避ければすむ話ですが、最初から土地を持っている人の場合、そうはいきません。
譲り受けた土地の場合、それが変形地だとしても、甘んじて受け入れないといけません。
新たに土地を買い増してちゃんとした四角形に整形するとしても、余計なお金がかかってしまいます。
こういった買い増しはあまり現実的ではありませんので、実際には、変形地のまま何とかしようとします。
この土地を使って賃貸経営を行おうとすると、アパートやマンションでは、何かと不都合が生じてしまいます。
まず、変形している土地の場合には、むだなスペースが多くなってしまいますね。
賃貸アパートやマンション1棟あたりの大きさというのは、当然ながら一戸建てよりは大きくなります。
1棟当たりの大きさが大きいので、なかなか効率的な配置ができず、結果デッドスペースが生まれてしまいます。

建設ができるのであればまだましです。
小さい土地の場合、例えば20坪や30坪といった土地の場合には、たいした規模の開発はできません。
もちろん、効率よく稼ぐこともできません。

一方、戸建賃貸の場合はどうでしょうか。
まずは、変形地についての対応です。
戸建の場合は、1棟あたりの大きさは20坪か30坪もあればいいでしょう。
そうなると、変形地の中で複数の建物をうまく配置すれば、効率的なスペースの使い方ができます。

また、戸建賃貸なら、最低35平米(5メートル×7メートル程度)の敷地から建築が可能です。
今まで、変形地や狭小地というのは、駐車場くらいしか運営できませんでした。
しかし今後は新たに、戸建賃貸という賃貸経営に生かすことができるというのも、大きなメリットです。
変形地や狭小地というのは、土地価格も安いので、お得ですよ。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識