投資額が少なくて済む

賃貸物件のお得な投資方法!

投資額を少なく押さえてお得に経営しましょう。

誰だって投資をするならば、少ない投資で大きな効果を求めたいものですよね。
最近では、不動産投資というのも盛んに行われています。
バブルの時代にも不動産投資は盛んに行われてきましたが、現代の不動産投資の場合、より実用的になっています。
一戸建てを建築して、それを誰かに貸し、その賃貸収入で暮らそうというのです。

同じ不動産投資の中には、アパートやマンションという投資方法もあります。
同じ土地の中に建築するならば、アパートやマンションは上にのびていけますよね。
そうなると、それだけ入居する軒数が増えますから、一見すると一戸建ては効率的な賃貸ではありません。

しかし実際のところ、戸建賃貸なら、投資額を少なく、効率の良い資産運用ができるのです。
これがメリットです。
では、どれくらい違うのでしょうか。

ある土地に賃貸マンションと戸建賃貸を建設するとします。
マンションのほうは7階建てということで、まあまあ標準的な高さです。
建築費用は1億5000万円かかるという計算になります。
それでいて、毎月の手取りは400000円ということになります。
一方、戸建賃貸の場合には、同じ敷地に4棟の一戸建てを建設します。
これですと、4棟合計で建設費用は5000万円ということになります。
それでいて、毎月の手取りは同じ400000円ということになるのです。
なぜこのような結果となるのでしょうか。

まず単純に、マンションを建設するというのは、意外とコストがかかるものなのです。
7階建てともなりますと、耐震や強度も増さなければなりません。
ですので、1億5000万円もお金がかかってしまうことになります。
それだけお金をかけて、毎月の手取りが400000円というと、1億5000万円を全て取り戻すためには、30年以上もかかる計算になってしまいます。

しかも、その間にマンションはかなり劣化が進んできますので、修繕もしなければなりません。
賃貸ですので、そういった費用は大家さんが持つ必要があります。

一方、一戸建ての場合には、普通の家の感覚で、2階建てがせいぜい高いところでしょう。
これくらいならば、大して建築費用はかかるものではありません。
しかも、マンションの賃貸と比べて、投資額は3分の1です。
それでいて、毎月の手取りは同じ400000円。
この計算ですと、10年もあれば、投資した金額を回収できるということになります。
どちらのほうがメリットが大きいかというのは、一目瞭然です。

次の記事需要が多い
カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
008
賃貸物件の空室対策
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識