部屋のデザインが決め手

空室対策として部屋のデザインを魅力あるものに

人それぞれ好みがあるけれど、マッチしたら長期住んでもらえるかも。

賃貸物件を持つ不動産オーナーであれば、誰もが程度の差はあれど悩まされているのが入居者がいないこと、つまり空室の状態の部屋があるということではないかと思います。
日本はこれから少子高齢化が進み、賃貸物件に入居する人が全体的に減っていくと言われていますし、実際のところ、もうすでにそうなっているという指摘もあり、それが空室をどうするかという頭の痛い問題に結びついています。

不動産オーナーはさまざまな空室対策を考え、それを実行に移していることでしょうが、どこに視点を向けて改善させるかが空室を減らす対策になると思われます。
もっとも簡単で効果があると思われるのは、ずばり家賃を下げることですが、不動産オーナーとしてはこれはできればやりたくないことのはずです。
いったん下げてしまうと、その後なかなか値上げはやりにくいからです。
そうなると、希望する賃貸の額を保ちながら、何とかして入居者を増やすことを考えなければなりません。

そのとき、部屋のデザインにちょっと関心を向けてみるというのも一つの案ではないかと思います。
賃貸物件を探しているとき、同じ家賃ならばちょっとおしゃれなデザインの空間に仕上がっている部屋を見つけた場合に食指が動くのではないかと思うからです。
特に若い世代ほど感性を刺激してくれるような素敵なデザインの部屋になっていれば、ここに住んでみようかな、と考えるのではないかという気がします。

空室対策というと、家賃を下げるか宣伝広告をもっとするかといったことくらいしか思い浮かびませんが、魅力的な部屋にすることによって部屋探しをしている人を惹きつけるということも考えなくてはなりません。
むしろ魅力的な部屋であればずっと住んでいたいということになって、空室になることがなくなりますから、その後の空室対策も必要がなくなります。

モデルルームではないですが、マンションを持っている不動産オーナーであれば一室をおしゃれなデザインに改装することでモデルルームとし、それを見てもらって入居が決定すれば、一部屋ごと改装していくという方法も取れるのではないでしょうか。
そうして入居者を確保し、家賃収入が得られるとわかってからデザインを中心として改装し、キレイになった部屋に入ってもらうことができれば、その後長期間にわたって住み続けてくれる可能性が高まり、賃貸不動産物件から空室対策という悩みの種も排除できるのではないかと思います。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識