手段の種類

空室対策の手段も効果的に

意味のある対策をとろう

賃貸アパートなどの経営者が一番アタマを悩ますのが空室対策です。
空室の対策として考えられるのは大別すると「家賃値下げ」「リノベーション」の2つです。
空室の原因としては他に立地がありますが、これは物件を建ててからどうなるものでもないのでここでは考えません。

一番手っ取り早いのは家賃の値下げですが、これは諸刃の剣です。
儲けを出したいがために賃貸経営をしているのに、借入金の返済をするだけでカツカツになってしまうこともあります。
できれば採りたくない方法です。

しかしほんの少し値下げするだけでも効果が見込める場合もあります。
不動産業者のホームページなどである条件で検索をかけ、家賃でソートをかけた場合、上位にくるのであれば多くの人の目に触れるからです。
たとえばペット可の物件の場合、近隣の物件でペット可の条件で検索をかけたら上位に来るような値段設定にできれば効果が見込めます。
片方がボロで片方が新築であろうとも、検索結果で上位に来れば存在を知ってもらえます。

リノベーションとは、大幅な改築のことです。
リフォームとの明確な線引きはありませんが、一般的にリフォームでは壁紙を綺麗にしたりといった、ちょっと綺麗にするような工事をさしますが、リノベーションはもっと大規模なものをさします。

たとえば部屋の間取りを変えてしまったりするようなものがリノベーションです。
リノベーションは闇雲にやっても効果は見込めません。
たとえば大学近くの一人暮らし用アパートを、老人が使いやすいように階段をスロープに作り変えてもあまり意味はありません。
そのため、まずすべきは綿密な調査です。
周辺の賃貸物件の様子や、人気物件の傾向などからニーズをあぶりだします。
周辺には無い、または少ない機能をつけることで、オンリーワン化するのは効果的です。

たとえばセキュリティに気を使った物件としてリノベーションをすれば、単身女性向けとしてアピールすることができます。
大学近郊であれば若い女性の一人暮らしのニーズは高いですから、セキュリティの高い物件は人気が見込めます。
あるいは近場に大きな病院がある場合、遠方から病院の付き添いをするための拠点として利用できるように部屋を狭く多くなるように改装してしまうといった手が考えられます。

すでに元は十分とったような古い物件ならばいっそ取り壊して新築にする手もあります。
日本では新築の人気が高い傾向にあるため、目立って良い設備でなくとも変に改築するよりいい場合もあります。
ただし現在の住人を移住させる手間や、完成するまで収入もストップするという難しい面もあります。

次の記事損して得採れ
カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識