入居者が求めているもの

入居者は千差万別。焦点を絞って空室対策!?

極端なものよりも手ごろさが一番かも

不動産を持ってそこから収入を得る場合、どのような内容の不動産を持っているかによって、コンスタントに収入を得るために必要な対策の打ち方といったものは変わってくると思います。
たとえば不動産が賃貸物件だとしたら、何よりも大事になってくるのは空室対策となってくるのは間違いありません。
部屋を貸して、その代価として家賃を徴収するのですから、そこに住んでくれる人を常に確保しておくことが大事であることは言うまでもないからです。

ただ、昨今は人口減少のせいで賃貸物件に入居する人が少なくなってきたことから、需要と供給のバランスでいうと、入居する人の方が物件を選べる時代になってきました。
そうなると、賃貸物件に入居してもらうためには、単に住めるということだけでなくその物件が魅力的である、という要素を兼ね備えないと、なかなか入居者を確保できなくなってきたのが現状です。

空室にしないための対策としては、家賃を下げることか住まいの設備を充実させることかのどちらかになるのではないかと思います。

安い家賃なら、設備がそれほど整っていなくても満足という人もいれば、そこそこの家賃であっても設備が充実しているなら、自分が余分に払うものが少なくなってその方がメリットが大きい、と考える人もいるでしょう。

どちらが空室対策に効果的かは、物件の場所や周囲の生活環境にもよりますので一概に言えませんから、どっちも実際にやってみる他ないと思います。
設備を充実させるにはそれなりに先行投資が必要になりますから、それを避けたいのであれば家賃を下げるしかありません。

自分が満足できる賃貸収入を得たいのであれば、魅力的な物件を作るしかなく、まさに選択一つでどういった結果になるか、分かれ道となってくると言えます。
もしも自分が賃貸物件を選んで住むことにしたとき、どちらを選ぶかを考えてみるのも一つの選択肢として取り上げられると思いますが、家賃の安さと設備の充実は両極端にあるとする考え方も、言ってみれば極端なのかもしれません。

手ごろな家賃にそれなりの充実度という点をクリアできれば、それが一番入居者にとっては魅力的になるかもしれないと思うからです。
現代人はあまりものを持たないようになったと言われますので、生活に必要な設備が快適と感じられる程度に整っていることが、空室を避けるために整えておきたいことであり、それが結局のところ、空室対策になるのではないかと思います。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識