リノベーション

思い切ったリノベーションで賃貸の空室対策を

部屋の使い方に広がりをもたせてみるのも手かもしれません

東京都心では、かなり古くなって来たマンションが多く見られるようになって来ているのです。
高度成長時代に建てられ、更には耐震装置も設備したマンションが今、空室が目立つようになって来ているのでした。
マンションですから、外観から見るとさほど古くささを感じないこともあるのです。
ですが入り口に入った途端、現在のマンションとの違いが判ってしまうと思います。

そこには、セキュリティの悪さが一番目立つのかもしれません。
誰も勝手に入れてしまう、そんな恐ろしさもあると思うのです。
昔の建物は、心が広かったのでしょう。
オートロックなるものなど、全く備わってもいないのです。
そんな古くなってしまったマンションですが、空室対策を練ることが急務となっているのです。
空き部屋がどんどん増えることで、建物も傷んで来るのです。
人が住んだり、部屋を使ったりすることで、建物の傷みも遅くなることは間違いないのです。
ですからマンションのオーナーなどは、なんとか空き部屋を埋めたいと考えるのでした。
ですが古くなったマンションには、なかなか入室を希望する人も少ないのです。
そうすると最低限の価格で貸し出すことになるのでしょう。
ですが、中の仕様が古いとなかなか入る人はいないと思います。
それだけ、たくさんの物件が東京にはあるのですから。
そこでオーナーが考えるのが、マンションのリノベーションです。
これは部屋を全て壊してしまう、使い方は新しく入る人に任せるという形にするのです。
古くなったマンションの立地は良いところにあるのです。
多くは、駅近にあるのです。

そんな場所ですから、古着のお店、アクセサリーのお店、お洒落小物の店など使い方はいろいろと考えられるのです。
またカフェなどとしても使い道が出て来るのです。
住まいとしてだけ考えるのではなく、一室としての考えに立つのです。
借りる方も、廉価で借りることが出来、ビジネスチャンスに繋がることも出来ると思うのです。
また新規に商売を始めようとする人も、場所が良いことから借り易くなっているのです。
そうすることで、古くなったマンション、ビルの使い方が生きます。
また付近の相場よりも安く賃貸に出すことも出来るのです。

古くなったマンション等の使い方として、立地を考えたリノベーションを上手にすることが良いと考えられます。
古くなったことを逆手に取ることも、大事な方法と思うのです。
古いから良いこともあるはずなのです。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識