物件状況の把握

頭を抱えていても仕方ありません。空室対策は行動あるのみ!!

まずは自分の物件の状況をよ~く把握してみましょう。

賃貸には、空室対策がつきまとうのです。 何が原因かよくわからない。 そして、リフォームをしたいが、その投資するだけのリターンがあるいかどうか? そもそも入居するお客様をどうして見つけるのか? 賃貸であるがゆえの対策を練る必要があります。 短期的な対策ではなくて、長期的な視野で考えることをお勧めします。 しばらく空室が続いている物件の場合は、具体的には、築30年超の物件をイメージなさるといいです。 まずは、部分的なリフォームをなさることをお勧めします。 水回りを念入りにチェックしてください。 場合によっては、交換等の選択もあります。 見積もりをしっかりとってください。 そして、玄関の間口や、太陽光の日昭に関しても再度確認してください。 また、周りの環境にも配慮します。 大通りに面していて騒音が気になる場合は、対策します。 窓ガラスを騒音対策するのです。 さらに、空室のお隣さんの動向も念ため確認しておきます。 会社員なのか? 学生さんのか? 男性か? 女性か? 単身者か? ファミリーか? お子さんはいるのか? 事前に、適度なコミュニケーションを取っておくことで 人間関係を円滑にする方法もあります。 また、ゴミの問題も避けては通れません。 じつは、きちんとゴミを掃除とか整理整頓されてる物件に関しては空室しない傾向にあります。 住んでいる空間が、きれいにされてること。 もしかしたら、このことを解決することで、空室対策は完璧かもしれませんので要注意です。 お大家さん自ら、行動すること。 きれいな環境を維持する努力も見逃せません。 では、建物に関してはまた、住面積の広さから想定した対策も必要です。 既存の間仕切り壁を取り除く工夫して、2つの空間を1つにすることで、空間の広がりをだしたりといった間取りを大幅に変更すること。 そういう風にして、貸事務所やSOHOの選択もありかもしれません。 次に、考えることは賃貸の物件の地域特性を把握することです。 都心へのアクセスが容易かどうか? 住環境が静かなものであるか? そして、ターゲットを事前に決めておく決断も必要です。 つまり、生活スタイルを把握することで対策を考えられます。 居住者を女性のみに絞るのであれば、女性の視点で物事を考えてみること。 さらに、もう1つは、ペット等の付加価値も検討する時代にあると思います。 付加価値を追加することで対策するのです。 また、自転車置き場やバイク置き場等、限られた空間を再活用する工夫も空室対策になります。

次の記事リノベーション
カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識