入居者の気持ちを考える

空室対策として、まず入居者の気持ちを考えてみましょう

自分が部屋を借りるならばって考えるとおのずと何をすればいいのかわかってくるかもしれません。

築10年を過ぎたマンションというのは、たいてい空室があります。
入居者の多くが、同じ賃貸でお金を払うのであれば、できるだけ新しい建物がいいと考えますし、新しければ設備も整っていると思うのが普通です。
最近はマンションの管理を不動産管理会社に任せる大家さんが増えてきていますが、少しでも空室を減らしたい、空室の期間を短くしたいと考えてのことです。

不動産を扱うプロフェッショナルにお願いしておけば、大家といえども万策尽きた不動産経営者が知らない空室対策を知っていて、それを実践してくれるのではないかと考えるのも無理はありません。
けれど、実際には不動産管理会社といえども、建てられて年月を経過した物件と新しい物件を比較して、同じくらいの家賃であれば新しい方へ入居者が流れていくのを止める手立てはありません。
そのため、家賃を下げるか、リフォームをして部屋をキレにするかなどといったことを大家に提案するくらいしか、方法がないのが現状です。

大家の方としては、空室によって賃貸料収入が減っている上に、まだリフォーム代を出すなどとんでもない話だということになりますし、家賃を下げることもできればしたくありません。
それらをせずに空室を埋める空室対策をしてもらいたいと願っているのです。
けれど、不動産管理会社にまかせっきりで自分は何もしないというのであれば、それは本末転倒です。
ちょっとした努力で空室が埋まるとすれば、それは大家がやらなければならないことです。

たとえば、マンションの前を通りかかったとき、ゴミが散らかっていたり、ろくに掃除もされていなかったりすることが一目瞭然ということがあります。
反面、建ってそこそこ年数は経たけれど、いつもゴミ収集場はきれいになっているし、玄関付近もきれいに掃除されているとなれば、こうしたマンションには入居者が集まります。

全体的に家賃相場が下がってきているとはいうものの、きちんとメンテナンスされた賃貸マンションであれば、入居者は集まるのです。
そうしたところへ入りたいと思うのが人情だからです。
そして、こうしたちょっとしたこと、それでいて不動産管理会社はしてくれないことを大家自身がやることが、効果的な空室対策になるということに双方ともに気づいていないところが問題なのです。
街中にあるマンションのすべてが新築でない以上、年月を経た物件を借りなければなりません。
その決め手となるのが、きちんと管理されているマンションかということです。

次の記事物件状況の把握
カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
不動産投資
006
不動産管理会社とは?
不動産投資
026
賃貸物件経営のメリット
不動産投資
032
投資物件のチェックポイント
不動産投資
037
不動産売買における注意点
不動産投資
045
不動産投資の初期費用
不動産投資
046
参考にしよう!不動産投資家ブログ
不動産投資
050
不動産投資を始める前に読むおすすめの本
不動産投資
064
マンション経営の始め方
不動産投資
073
土地の様々な有効活用方法
不動産投資
081
主婦でもできる不動産投資
不動産投資
086
駐車場経営のノウハウ
不動産投資
087
サラリーマンが不動産投資で得た所得を節税する方法
不動産投資
088
不動産投資の始め方
不動産投資
089
初心者のための不動産投資
不動産投資
090
失敗しない・賢い不動産投資法
不動産投資
093
不動産投資の収入
不動産投資
095
すぐ出来る不動産投資入門の知識
不動産投資
096
利益を上げる上手な不動産投資のやり方
不動産投資
097
知りたい不動産投資情報
不動産投資
098
不動産投資の基礎知識