予算を決める

家の購入時に必要な頭金の額とは?

多ければ多いほど今後の返済が楽ですが、一般的に用意すべきだと言われている額があります。

家の購入をするからには、まず先立つものを確保しないといけません。
家の購入の場合には、住宅ローンがそれに相当します。
テレビや冷蔵庫は、ニコニコ現金一括払いで、という人も多いことでしょう。
クレジットカードで購入をしたり、分割払いを利用したりする人もいますが、その回数はせいぜい48回払いや60回払いといったところ。
つまり、5年もすれば、分割払いは終了するのです。
人生で2番目に大きな買い物といわれるマイカーであっても、120回払いくらいで返済は終了します。
つまり、10年間ということですね。

一方、家の購入の際には、ニコニコ一括現金払いという人はほとんどいません。
家の購入には、ほぼ例外なく住宅ローンを利用することになるのですが、そのローンの年数が、他の商品とは異なります。
最低でも20年、最長ですと35年もの長期にわたって返済をしていかなければなりません。
人生の多くを、住宅ローンの返済に費やすことになるのですね。
ローンを組む前に、正しい予算を決定しましょう。
予算があってこそ、それに応じた住宅ローンを組むのですから。
家の購入予算は基本的に、家の価格と諸費用を合計したものです。

正しい予算が決定したら、次は頭金を決定します。
頭金というのは、後述する住宅ローンの前に、ニコニコ一括現金払いで支払うお金のことです。
頭金の金額が大きければ、住宅ローンで支払うお金は減りますので、返済は楽になります。
しかし、頭金をたくさん用意するというのは、かなりの蓄えがないといけないので、大変ですね。
だからといって、頭金を支払わないということになれば、全額が住宅ローンということになります。
住宅ローンというのは、借りたお金だけ支払えばいいというわけではありません。
利息も付くので、実際借りた金額よりは、多くのお金を返済することとなります。
これではまさに、住宅ローン地獄となってしまいます。

では、頭金というのはどのくらいの金額を用意しておけばいいのでしょうか。
一般的には、物件価格も1割程度といわれております。
物件価格が1000万円の場合には、100万円の頭金が必要ということですね。
物件価格から頭金を差し引いた金額が、住宅ローンということになります。
住宅ローンの場合、希望通りにかなうとは限りません。
あくまでも、借りる人の返済能力に合わせて、借入限度額というのが決まってくるのですから。
月々の返済の無理がない金額に設定をすることが、非常に重要です。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ
マイホーム
005
オール電化住宅のメリット
マイホーム
010
不動産の購入での注意点と必要書類
マイホーム
011
欠陥住宅の事例
マイホーム
012
様々な家造り
マイホーム
014
住宅展示場での見学ポイント
マイホーム
018
住宅購入の流れ
マイホーム
025
賃貸vs分譲どっちがお得か比較検証
マイホーム
030
賃貸住宅のデメリット
マイホーム
048
住まいづくりの知識
マイホーム
049
注文住宅の建て方に関する知識
マイホーム
052
年収300万円でも「家」を購入する方法
マイホーム
059
マイホーム購入計画のタイムテーブル
マイホーム
060
家作りにおける間取りで大切なこと
マイホーム

067 注文住宅の見積もりや契約書などのチェックポイント

注文住宅を新築する場合には、まず、設計や施工を依頼する業者を選ぶ必要があります。その前提として、どんな家を建てたいのかをまず考えておきましょう。家族で理想の間取りや設備

マイホーム
069
持ち家と賃貸どっちがお得?
マイホーム
070
モデルルームの見学ポイント
マイホーム
071
マイホーム、賃貸vs購入か!比較しよう
マイホーム
082
注文住宅を安く建てる方法
マイホーム
083
夢のマイホームは建売住宅or注文住宅?比較しよう
マイホーム
092
一戸建て、分譲住宅購入のチェックポイント
マイホーム
094
不動産売買の流れと失敗しない為の注意点