オール電化住宅のメリット

ライフスタイルに合った電力の使い方でオール電化住宅を満喫!

家族は昼型?夜型?手持ちの調理器具はIHのものが使える?

オール電化住宅は次世代の住居スタイルとして脚光を浴びていて、経済効果に優れ、安全性にも富んでエコなので、相当なメリットがあります。
しかしながらそれと同時にいくつかのデメリットもあるので、購入する際にはそういった点を考慮しながら、検討をされることをおすすめします。

オール電化の住居を購入するメリットの一つとして、経済性が挙げられます。
生活費に占める光熱費の割合は大きいでの、電力に一本化することによってガス料金の削減が図れます。

一般にオール電化を設置することによる光熱費の削減は、電力会社の深夜電力プランを利用することによって、大きな効果が生まれるのです。
電力料金というのは日中はユーザーが多いので高く設定されておりますが、夜間や深夜はあまり利用されないので料金は安く設定されているのです。
したがって深夜電力プランを活用すれば大幅に光熱費が安くなるのですが、日中に多くの電力を利用する方や、家族などが日中に家にいる時間が長ければ、日中に電化製品などの使用によって消費する電力量も増えるので、光熱費が高くなることも考えられます。
ですのでせっかくオール電化住宅を購入するのであれば、ライフスタイルも出来るだけスマートに変化させることが大事です。
これまで電気とガスを利用されてきた方の調理器具は、IH対応ではない製品が多い可能性があります。
こうした鍋、フライパンやケトルなどの調理器具は、IHクッキングヒーターでは加熱調理器具として使用することが出来ません。
そうなると全ての調理器具あるいはIH対応ではない調理器具は、全て買い換えが必要となりますので、これはデメリットとなります。

そこでこれからオール電化の住宅を購入しようと考えている方は、将来を見据えてIH対応あるいは兼用の調理器具を徐々に購入していくと、慌てずにいつも通りの生活が営めますのでおすすめです。

オール電化になると家庭内のライフラインは電力に一本化されるので、経済効果が上がるメリットについて述べましたが、停電時には電力供給が止まってしまうので、電化製品や調理などを行うことが出来なくなります。
これはガスがあったとしても同様ですが、お湯を沸かすことや調理をすることは出来ます。
ただし停電が長期に及ぶことはそう頻繁には起こりませんし、電力の復旧というのは、あらゆるインフラの中で最も早いので、そう不安に感じることや不便に感じることはありません。
あらかじめカセットガスコンロなどを用意しておくなどして、準備しておくと良いでしょう。

オール電化住宅にはこれまで述べてきた様なデメリットもありますが、圧倒的にメリットの方が多いので、是非購入検討されてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー
人気エリア
マイホーム
不動産投資
マンション
賃貸
お金
不動産屋
別荘
こちらもおすすめ